デリケートゾーンのできものについて

デリケートゾーンにブツブツしたできものができたら、毛嚢炎・性器ヘルペス・尖圭コンジローマなどの可能性もあります。

 

病院へ行くにはちょっと・・・と、少し様子を見たい方は、デリケートゾーンを清潔にしておくことが大切です。

 

菌の繁殖をおさえるのも大切ですが、強く洗いすぎると皮膚を傷つけ、常在菌まで洗い流してしまいます。

 

最近では、デリケートゾーン専用の石鹸なども販売してますので、そういった商品の購入も考えましょう。

 

悩む女性

 

 

毛嚢炎について

 

デリケートゾーンにポツっとした、できものができることがあります。

 

このデリケートゾーンのできものにも、さまざまな種類があります。

 

できもののひとつに、毛嚢炎があります。どんな特徴があるのでしょうか。

 

毛嚢炎(もうのうえん)は、デリケートゾーンの外陰部にできる、できものです。外陰部は外性器とも言い、生殖器の周辺を指します。

 

毛嚢炎は毛穴の部分にできる、できものです。毛穴に細菌が入り込むことで、皮膚が炎症することでできます。

 

脱毛などで、毛包部(毛穴と毛のまわりの部分)に傷がついたときに、黄色ブドウ球菌などの細菌が元に炎症します。

 

暑い時期の汗・生理やおりものなどで、皮膚が湿った状態が続くときも、毛嚢炎になりやすい環境ですよ。

 

症状はニキビのような、赤いプツプツができる・皮膚が赤くなる・触ると痛いなどがあります。

 

下着でこすれるところにできるため、当たると痛いのですが、毛嚢炎では痛みはありません。

 

毛嚢炎の初期は、赤いニキビのような状態です。このような症状は、だいたいの場合は、自然に治ります。ただし、清潔を保つことを心掛けましょう。

 

汗をかいたときは、できるだけ拭き取りたいのですが、外出時には難しいですよね。デリケートゾーンは、毛があるために蒸れやすい場所です。

 

通気性の良い下着にすることや、何度か下着を取り換えるという方法もありますよ。

 

汗を拭き取るときも、ゴシゴシこすってはいけませんよ。

 

ポンポンと優しく汗を吸い取る意識ですね。

 

また生理用ナプキンは、こまめに交換しましょう。

 

おりものが多い時期は、おりものシートを利用して、デリケートゾーンに湿気を残さないようにしてもいいですね。

 

バランスの良い食事を心掛けることや、睡眠不足に注意することも、炎症の解消に効果が期待できますよ。

 

しかし痛みがひどくなってきた、または治る兆しがないようであれば、病院へ行くことも考えましょう。

 

抗生物質を処方してもらえる場合や、軟膏を塗るように指導されることもあります。

 

症状がひどく膿が出るまでになると、切開する場合もあります。不安を感じるようであれば、専門家に相談してみましょう。

 

毛嚢炎は痛みも少なく、自然治癒することが多い症状です。しかし一度できると、繰り返しできることもあります。

 

それを何度も繰り返していると、皮膚に色素沈着が起きる可能性があります。

 

毛嚢炎とニキビは似ているところがあります。ニキビはアクネ菌が原因ですが、毛嚢炎はブドウ球菌が原因でしたよね。

 

ニキビも指でプチっと潰すと、跡が残ることもあるので、止めておきましょう。

 

毛嚢炎も同じです。脱毛には傷をつけないように、気をつけることや、清潔にしておくことが大切です。

デリケートゾーンに多い病気

痒い女性

 

クラミジアの原因と症状と対処法

クラミジアは、クラミジア・トラコマティスという細菌が持っている人と性的接触することで体液を介して感染します。感染をすれば女性であればおりものが変化をしたり、排尿をするときに違和感を感じる、さらに咽頭炎や扁桃腺炎を引き起こします。男性の場合は尿道がかゆくなったり排尿時に違和感を感じるといった症状がでます。ただクラミジアは感染しても無症状であることもあるので、初期の段階では気づきにくいこともあります。症状が深刻になると不妊の原因になったり、免疫が下がってエイズなど他の性病にも感染しやすくなるので注意が必要です。対処法としては抗生剤の内服薬を摂取することが有効で、早期発見のほうが治療する期間も少なく完治がしやすいので気になるときは早めの検査をおすすめします。

 

トリコモナス膣炎の原因と症状と対処法

トリコモナス原虫が膣内に寄生して起こる性病がトリコモナス膣炎で、男性の精液などから感染するケースが目立ちます。この場合、パートナーも同時に感染していることになりますが男性の場合症状が出にくいため、女性によって発覚するケースが多いです。おりものが増えて色がついたり外陰部がひりひりと痛くなる、という症状が女性に出るため早期の治療をする必要があります。
内服薬を服用して、原虫の駆除を行いますがこの場合は男性も同時に治療を行わないと意味がありません。お互いに感染させ合ってしまってはなおしても意味がありませんので、トリコモナス膣炎になっているときにはパートナーと一緒に通院して治療を受けるようにしましょう。

 

萎縮性膣炎の原因と症状と対処法

萎縮性膣炎の主な原因は女性ホルモンの減少があります。女性ホルモンが少なくなると、膣の粘膜の潤いが減り乾燥しやすくなるのがこの疾患の原因です。萎縮性膣炎の代表的な症状として、膣の乾燥や性交時の痛みそして女性器のかゆみがあります。萎縮性膣炎の対処法は有効成分である、ビタミンDを摂取するのが良いです。この成分が粘膜の潤いに効果が期待できます。日ごろの生活習慣で気をつけると良い点は、睡眠をしっかりととる事です。規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事をするようにします。かゆみを感じるからといって、強く洗浄するのは悪化させる原因です。優しく洗浄するように注意をしたり、蒸れないように通気性の良い下着にします。

 

性器ヘルペスの原因と症状と対処法

性器ヘルペスは、ヘルペスウィルスが身体の神経内に潜んでいることで起こる性病です。セックスによって薄つることが多い事や性器に水泡が出来るためこのように呼ばれていますが、オーラルセックスを行った場合、口唇ヘルペスの患者から移されるケースもあります。口唇ヘルペスと性器ヘルペスではウィルスの種類が異なりますが、最近では混同される傾向です。
薬は、婦人科や泌尿器科などで抗ウィルス薬を処方してもらうことで改善します。内服薬と外用剤がありますが、症状が出そうなときに早めに対処しておくと悪化せずに改善させることが可能です。体力が落ちる時に症状が出るため、体力を落とさないようにすることが性器ヘルペスにならないためには重要となります。

 

尖圭コンジローマの原因と症状と対処法

尖圭コンジローマは、性器の見た目がカリフラワーのようになる性病で、男性が風俗で移されることが多い事でも知られています。皮膚症状の病変が激しく、不快感を伴うため早期の治療が必要となりますが泌尿器科などで治療を受けることが出来ます。
性器に症状が出るとすぐにわかりますので、泌尿器科などを受診して薬を処方してもらうことで早期改善に向かいます。尖圭コンジローマの症状が出ているときには、パートナーとの性交渉は控える必要があります。コンドームを使った性交でも移る可能性は否定できませんので、完治するまでセックスは控えるようにするのが理想的です。正しく治療を受けることで、症状は改善しますがドラッグストアなどで薬を購入することはできません。

 

無菌性膣症の原因と症状と対処法

無菌性膣症は、膣の自浄作用が低下することにより引き起こされる病気です。
通常は善玉菌が悪玉菌の侵入や繁殖を防いでいますが、免疫力が低下すると自浄作用が弱まり防げなくなります。
風邪などの病気による免疫力の低下の他に、疲労・ストレス・不規則などの生活なども無菌性膣症を引き起こす原因です。
無菌性膣症の症状は、オリモノに色や臭いなどの異常が出るのが一般的です。
また外陰部に痛みを感じたり、不正出血することがあります。
無菌性膣症の対処法としては、膣を洗浄して悪玉菌を洗い流したり錠剤を挿入して殺菌したりします。
内服薬や塗り薬を使うのも無菌性膣症の治療法としては一般的で、医師に相談すれば適切な方法を選んで対処してくれるでしょう。

 

淋病の原因と症状と対処法

淋病は性感染症の一種で、淋菌に感染することで生殖器を中心に炎症が生じる病気です。
原因は感染者との性行為で淋菌に感染することで発病します。
オーラルセックスでも口の粘膜などに感染し口内炎を生じさせることもあります。
症状として男性では感染後2-7日の潜伏期間後、尿道炎を発症し排泄・勃起時に強い痛みが出ます。
また尿道から膿のような分泌物が出てくるのが特色です。
女性の場合は強い痛みはありません。おりものの増加や軽い不正出血がある程度で見過ごされることが多いです。
治療は抗菌薬など処方された薬を飲めば数日で改善効果がでるので、きちんと治療すれば問題ありません。
予防する為には、性的接触時にはコンドームを必ず使用すること、パートナーなど上記の症状が出た場合は、無症状でも直ぐに検査し治療することが必要です。そして完治するまで性交渉を控えることが大事です。

 

膣カンジタの原因と症状と対処法

膣カンジタの原因はカンジタという真菌が免疫力や常在菌バランスの変化で、普段はカンジタ菌は異常増殖することはありませんが、何らかの原因により体の免疫力が低下すると言われています。膣カンジタの症状は陰部に強い痒みが生じたり、性交時に陰部に痛みや灼熱感を感じたり出血を伴うこともあるのです。おりものが白くポロポロとした形状に変化したり、膣内容物がヨーグルトやオカラのような状態に変化します。膣カンジタの対処法としては症状が軽い場合は経過観察をして自然治癒するか様子を見ることもありますが、強いかゆみなどがある場合は抗真菌薬や膣錠などの治療を行うようになるのです。その期間は陰部を清潔に、そして下着は通気性のよいものを選びます。

疲れるとできるできもの

悩む女性
なんだか痛いしかゆいし何だろう?と、デリケートゾーンを鏡に映してみたところ、局部のひだに大きなできものが出来ていました。赤くパンパンに膨らんだ結構大きなできものにビックリしました。痛いのとかゆいのどちらが深刻かというと痛みの方が勝っていました。下着に触れた時、トイレでトイレットパーパーを当てた時に痛くて憂鬱でした。
場所が場所だけに深刻な症状だったら困るけど病院へ行くのも正直恥ずかしいなと思っていました。一応ネットで調べたらほぼ大丈夫だということでしたが、素人判断も怖いので婦人科検診のついでに診てもらうことにしました。そのころにはできものがつぶれて、トイレに行ったときおしっこが沁みて新たな痛みを感じていました。ばい菌が入ったらひどくなるのではと、手持ちの万能傷薬を診察まで塗っていました。
検診当日、できものが出来た旨をつたえて一緒に診察してもらいました。結果、放っておいても大丈夫なものだということで安心しました。疲れたりして体の抵抗力が落ちるとできるできものということでした。自然に治るとのことでしたが、一応薬をもらいました。ちなみにせっせと塗っていいた万能傷薬では治らないそうです。その後もたまに疲れているとデリケートゾーンにできものが出来ることがあります。その時はすぐに婦人科でもらった薬をぬって潰れる前に治すことができています。
健康状態とリンクするようなので、ある意味健康のバロメーターのようでもあります。

デリケートゾーンのムダ毛

悩む女性
デリケートゾーンへの興味が沸きはじめる中高生の頃
ついに私にも初体験の日がやってきました。
事前知識は少女漫画で得た程度で、まったくの無知でしたが
どこで知ったのかデリケートゾーンの毛は剃るものだと思い込んでいました。

 

恐る恐る毛を処理してひと安心。
ツルツルになった肌触りの良いデリケートゾーンに大満足して
これでバッチリだ!と思って本番を迎え、無事に初体験を終わらせました。

 

そしてしばらくしてトイレに行ったときに、沁みるような痛さで飛び跳ねそうになったんです。
もしかしてカミソリ負けかな?と思いましたが
確認してみたところ、どうやらデリケートゾーンに赤いブツブツしたものが出来ていて
それが摩擦などで痛むようでした。
色々調べてみると、毛が生えだす時に皮膚に炎症を起こして赤くなるとか
カミソリ負けだとか、肌荒れだとか、原因は様々らしかったです。
剃った直後はあんなに綺麗だったし、なんの痛みもなかったのに不思議です…。

 

まさかこんなことになろうとは、あの頃の私は思ってもいませんでした。
ヒリヒリした痛みを我慢していたら、次はチクチク痛いような痒いような気がしてきて
1週間以上もデリケートゾーンのできものに悩まされ続けました。
しばらくして赤いブツブツも姿を消し、デリケートゾーンに平和が戻りましたが
あの痛みと痒みはもう2度と味わいたくありません。

膣と肛門の間が腫れて・・・

悩む女性
デリケートゾーンの悩みはとても人に相談しづらい問題です。
私はある日、膣と肛門の間の部分が腫れて困ったことがあります。小さなできものは時々出来ることがあったのですが、すぐなくなっていたので気にしていませんでした。
でも今回は2?3日経つと、良くなるどころかどんどん大きくなって、座ると痛みを感じるほどになってしまいました。触ると明らかに腫れているし、痛い…。
心配になって色々ネットで調べてみると、はっきりとした答えは出ないものの「バルトリン腺の腫脹」というものらしいとわかりました。
でも、それも治療法は切開することが多いと書いてあってドキッとしました。
痛いのは嫌だなと思いつつも、自然に治るものではなさそうだから、産婦人科に行った方が良さそうだな…と思い、渋々近くの産婦人科を受診。バルトリン腺が腫れているようですね、と医師よりはっきり言われました。
そしてあっさり、「切開した方が早く治ると思うから切開してもいいですかね?」と言われます。
内診台で足を開いている自分には、はい、という他なく、少し針を刺して膿を取ってもらいました。
痛くてちょっと涙がにじみましたが、思ったよりは短時間で、腫れてた時よりは楽になりました。
その後は順調に治りました。
相談しにくい問題ですが、自己判断せずに受診してよかったと思っています。

 

 

女医

できもの以外でニオイも気になる方は、インナーブランというデリケートゾーンニオイケア商品があります。

 

インナーブラン